maki design

maki design(マキデザイン)は個人事業主であるデザイナー鶴巻卓巳の屋号です。埼玉を中心に、ロゴや名刺の制作、Webサイトのデザイン・コーディング等を行っています。

鶴巻 卓巳 / Tsurumaki Takumi
1991年生まれ。東京造形大学グラフィックデザイン専攻卒業。フリーランスのグラフィックデザイナー・Webデザイナー・イラストレーターとして活動しています。

Works

Lect hair

埼玉県戸田市のヘアサロン「Lect hair」のアートディレクションを担当し、ロゴやショップツール、フライヤー、Webサイトの制作などを行いました。

Lect hairのコンセプトは「Select & Lecture お客様へプロとして向き合い、全てを伝え、説明する」。そのコンセプトを表現するためにマークは「指し示す指」をモチーフにし、さらに頭文字の「L」でもあり、hairの「h」でもあり、またお客様の座る「椅子」でもあるという複数の意味を持たせています。

https://lecthair.jp/

トダピース

戸田市の不動産会社「平和建設株式会社」が運営するまちづくりプロジェクト「トダピース」。その活動記録を発信するためのWebサイトを制作しました。

トダピースのメインテーマは『ハコを活かし、コトをおこし、ヒトをつなぎ、トダを育む。』この4つを更新システムとして分類し、それぞれのカテゴリの構築を行いました。デザインはメインカラーであるオレンジを用い、明るく賑やかな雰囲気を演出しています。

https://toda-piece.com/

株式会社F-GATE

埼玉県の理美容運営・コンサルティング会社、株式会社F-GATEのロゴとWebサイトを制作しました。

理容院・美容院の運営を中心に、多角的なアプローチを行う企業としての今後を踏まえ、ロゴ自体は汎用性を高めるべく極力シンプルに構成。名刺、販促ツール、ウェブサイトなど様々な利用シーンにおいて使い勝手の良さを重視しました。

https://fgate.co.jp/

D-LIVE HAIR

埼玉県戸田市のメンズヘアサロン「D-LIVE HAIR」のアートディレクションを担当し、ロゴ・名刺・フライヤー・Webサイトなどの制作を行いました

頭文字である「D」を「次への扉」に見立てマークを作成、骨太なロゴタイプと組み合わせ、男性的なニュアンスを演出しています。

https://d-live.jp/

筑波EF

友人の主催するサバゲーサークル「筑波EF(ENGINEERING FORCE)」のロゴとエムブレムを制作しました。

エンジニア関連のメンバーによるサークルであることを、歯車などのモチーフで表現。所在地にちなみに筑波山も背景として組み込みました。ロゴタイプの「EF」はサバゲーに用いる銃を使った意匠となっています。

キャラクターイラストレーション 2018

2018年に実験的に描いたキャラクターイラストレーションのまとめです。主線を用いず、色面の陰影で表現する手法を試すための習作でした。

メインとなる色を決め、その色を主軸としたカラーチャートの様なイラストレーションを目指しました。

附田工務店

神奈川県横須賀で自社施工と自社管理の一貫建築を行う工務店「附田工務店」様のWebサイトをリニューアルしました。

  • レスポンシブデザインでスマホでの閲覧に対応
  • 内部SEO対策の実施
  • https化の実施

https://www.tsukudakoumuten.co.jp

UNDER2.5

2018年4月に埼玉県西川口に新規オープンしたライブハウス「UNDER2.5」の アートディレクションを担当し、ロゴデザイン・フライヤー・ウェブサイトの作成を行いました。

マークとロゴタイプの組み合わせで作り、マークは「2.5」という数字を左右対称にデザインしており、それが下向きの矢印の形を構成し「UNDER」を表現しています。また、ロゴタイプの制作に付随してUNDER2.5オリジナルのフォントも作り、各種デザインに使用しています。

minimichine

奈良県でギター・ベース用のエフェクターを制作するブランド「minimichine(ミニミシン)」のエフェクターのイラストレーションとブランドロゴを制作しました。

無機質、シンプル、機械っぽいイメージが多いエフェクターの中で、もうちょっと「愛らしい」エフェクターがあってもいいんじゃないかという想いから生まれたブランド。イラストレーションは、ブランドの持つ独特の空気感を、不思議でポップなテイストで構成し、色使いもエフェクターとしてはあまりない淡いトーンでまとめました。ロゴはコロっとしてかわいらしく、エフェクターを彷彿とさせるミニマルな矩形で表現しました。